園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■12月の園だより
 時は巡って、今年ももう待降節がやって来ました。教会ではその暦は待降節から始まりますので、言わばお正月のようなものです。この時期になると園児もいよいよクラスの一員として自分の立ち位置を認識し、だんだん自らの力を発揮するようになります。そんな折から園児たちは、自分中心にわがままを言うことではなく。家族やお友達など、他人のために働き、他人のために犠牲を払うことを経験します。そしてクリスマスを迎えるのです。
先日来、多くの見学者が園を訪れ、彼らが異口同音に言うのは、子ども達が落ち着いて真剣な表情で取り組み、しかも園庭では元気がよく走り回っている、つまりメリハリが利いているということです。それこそモンテッソーリ教育の真骨頂、4月~5月はまだまだでしたが、クリスマスを迎えるころにもなると、子ども達は本当に落ち着いてきたなと思います。ご家庭で愛情たっぷりに育てられているお陰です。良いクリスマスをお迎えください。



■12月の宗教だより(よろこびの訪れ)
アドヴェント(待降節)
 キリスト教国ではクリスマスが近づくとそれを待ち望む気持ちとして街にイル ミネーションが灯されます。これがアドヴェント(待降節)で、クリスマスの4回 前の日曜日から始まります。今年は12月2日がその第1回目の日曜日(主日)です。 そして日曜日毎に灯をともしていくのが、ろうそく付きのアドヴェントリースです。クリスマスがだんだん近づく感じが目で見えますね。幼稚園でも、12月1日からリースろうそくに灯をともします。そして3人の博士が馬小屋を訪ねてくるという公現(1月の第1日曜日)までがいわゆるクリスマス期間(降誕節)で、その後、キリスト教国ではイルミネーションをはずします。
クリスマス(待降節)

 キリスト教では人が罪に傾く傾向を、人祖アダムの犯した罪が原罪(Original Sin)としてその後の人類に脈々と引き継がれていると説明しています。それを打ち破ったのがイエスで、彼の受難と復活と昇天、一連の行為で、人類が救われたと考えています。これがクリスマスの意義です。そのイエスが生まれなかったら、私たちに救いはなかったというわけです。また女性で最初に罪を犯したのはアダムの妻Evaエワ(イヴ)ですが、受胎告知のときに大天使ガブリエルがマリアに対して言ったAve Maria(おめでとうマリア)のAveは、Evaのちょうど逆なのです。この符合は単なる偶然でしょうか?イエスを生んだマリアがアヴェと呼ばれたことで、アダム(罪)⇔イエス(救い)と同じく、エワ(罪)⇔マリア(救い)の図が浮かびます ▼クリスマスは英語です。キリストのミサ(Christ-mass)が語源で、“キリスト”のギリシャ語表記“Χριστος”の頭文字を取ってXmassとも書かれます。独語ではヴァイナハテン、仏語ではノエル。今や日本でも国民の行事のようになりましたが、私たちはキリスト教の幼稚園だからこそ、本来の意味を知ってお祝いをしたいと思います。しかし私たちを救うために、十字架で亡くなるという目的でイエス様が生まれてきたというのを知ったからには、ただ『神の子がお生まれになった!』と両手離しで喜ぶわけにはいきません。お正月を待ち望むのとはわけが違います。受難を前提の祝いだということなのですから、この期間を私たちがどう過ごすかは、大きなポイントになってきます。
がまんのお金と、やさしい心

 清心幼稚園では待降節の間、子どもたちが我慢をしたり募金をしたりして、世界中の人のために思いを馳せます。また毎回2つあったおやつをこの期間は1つにして『我慢のお金』に換算し、カトリック児童福祉基金などに寄付を予定しています。このように欲しいものを我慢したり、いやなことに耐えたりすることにより、天に宝を積むだけでなく、苦しい立場におかれている人々に思いを寄せて、さらなる大きな喜びを感じられるようにと願っています。ご家庭でも何か我慢できるものを見つけさせ、それを『我慢のお金』に換算してクリスマスの集いに持たせてください。ご両親も何かの我慢をしてみてはいかがでしょうか?卒園しても持ってきてくれる人もいます。もちろん、お金に換算しなくてもいいのです。きっと大きな恵みがあると思います。
馬小屋(プレセピオ)
は園のロビーと各保育室に準備しています。キリストがベツレヘムの馬小屋で生まれ、飼い葉桶に寝かされたことを表しています。この習慣は初代教会にはなかったのですが、13世紀にアシジの聖フランシスコが始めました。園では子どもたちがやさしい心ですごしたり我慢ができたりすると、ロビーのイエス様の寝床に自分で『わら』を一本敷いていきます。温かい心で寝床を暖め、イエス様がお生まれになるのを待つのです ▼そしてイエス様のお誕生を歌ったり踊ったりしながら皆でお祝いするのが、クリスマス発表会(18日)です。聖パウロが書簡の中で『一つの体は多くの部分から成っており、頭が足に向かって、お前は要らないなどと言えない』と書いています。これは教会共同体のことを言っているのですが、発表会は園児にとって、どんな役もそれぞれが皆大切な役割だということを体験する良いチャンスです。自分の受け持った役を大切に尊重し、責任を持って演じて、イエス様にお捧げします。年長の聖劇は、今年は合同で全編後編に分かれ、旧約聖書『出エジプト記』*ユダヤ民族が救い主をいかに長く待ちわびていたか*とルカの福音から『ザカリアのお告げ』、また同じくルカの福音から『マリアのお告げ』と『降誕』です。初めての試みです。お楽しみに!
 聖劇(前):出エジプト記とザカリアのお告げ
 聖劇(後):マリアのお告げとご降誕

クリスマスの集い
は19日にあります。歌を歌ったりして楽しく過ごします。この日は『我慢のお金』を、ひょっとして来るかも知れないサンタさんに託して世界の恵まれない子どもたちの施設等に配ってもらうことが出来ます…。

12月23日(月・祝日)学内カリタスホール
大学(学園)ミサ・クリスマス音楽会
◆ミ  サ:14:00~  (後に茶話会)
◇音楽会:16:00~(児童学科音楽研究室)
12月24日(月・代休)
教会ミサ(岡山市天神町 先日祝福式をした教会)
◇メサイア公演:
13:00~14:40(大谷園長指揮)
*本園卒園児の保護者やヨセフ会の何人かも合唱団として出演しています。
◆ミ  サ:19:00、21:00


≪聖書を読む会≫
  *12月12日(水)10:00 ~ 11:15
     幼稚園聖堂(エレベーター脇より入る)
≪ヨセフ会≫
  *12月20日(木)19:00 ~ 20:30
     ヨゼフ館2F1201JA
    
      
        

   



      



園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
最新版はこちら
4月度バックナンバー
5月度バックナンバー
6月度バックナンバー
7月度バックナンバー
9月度バックナンバー
10月度バックナンバー
11月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.