園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■10月の園だより
 先ごろの台風18号は、いつも以上に風雨が強かったなと思いましたが、本土4島を縦断して、北海道付近ではなおも勢力を増していると聞き、地球温暖化という言葉が頭をよぎりました。先日も聖書を読む会で「人の自由意思を尊重してくれる神」という話が出たのですが、嫉みも喧嘩もいさかいも、盗みも人殺しも戦争もすべて人の為せる業です。そこへもっていって地球温暖化…。これも人の為せる業だと思うと、世界の政治家がもっともっと地球環境のことを考えないといけないな、などと無責任に思ってしまいます。
 モンテッソーリ教育は正に平和の教育法です。これで育った子たちは自らが平和な幼児期を過ごしたことを心の糧に、平和を創る大人となっていきます。特に昨今の北朝鮮のことを思うと、世界の平和を願う政治家がもっと出てくれればと思いましたが、そうそう、オバマ前大統領やヒラリークリントンもモンテッソーリ園で幼少期を過ごしたのでした。本園からも次世代を担う平和の使者が…。     おっとその前に、目の前の運動会、運動会!

■10月の宗教だより(よろこびの訪れ)
 *放蕩息子のたとえ(ルカ15・11〜32)*
 私が小さかったころ、子ども社会の中で今でも記憶にあるのは、どんな集団でもその中に親分肌の子がいて、そのアイディアに周りの多くが追従するというものです。幼稚園の社会性を意識し始めた年長あたりから、小学校いっぱいぐらいまでが顕著でしょうか。そういう子がいいアイディアを出すとその集団はいい遊びができますし、危険なアイディアを出したりすると、それは恐怖の集団となります。それは良い悪いとは別の意味で、集団社会とはそんなものでしょう。働きアリを研究した人の報告で、あのアリの行列の中でただ右往左往しているだけのアリが少なからずいるということが分かったという興味深い話を聞いたことがあります。そこで今度は役立たずのアリを別の場所に移して働きものだけにしたところ、いつの間にかその中には前と同じぐらいの割合で、役立たずアリが出現したというのです。つまりある程度の集団は、自ずとリーダーやただ追従するだけの存在が出来てくるものだということが分かります。そしてペトロはイエスの弟子集団のリーダー的存在でした。おそらく追従型もいたのでしょう ▼ペトロというリーダーは、キリストが復活して聖霊の息吹を受けるまでは、いわゆる優等生ではなかった様子が、福音書のあちこちに見受けられます。イエスから信仰の薄さを叱咤される場面が何度もあります。最たる部分はイエスの捕まった後、仲間であった自分も捕まるのではないかと思い、3度までも「知らない」と言うのです。裏切り行為と同じです。もちろんリーダーの例に違わず他の弟子たちも散り散りに逃げていくのですが…。イエスに選ばれた弟子たちですらこの有り様です。しかしこれは人がいかにサタンの誘惑に弱いかを如実に表しています。いわんや私たちをや、ということです ▼ただ、同じ裏切り行為でも、ユダとの差は歴然です。ユダは後悔して自ら首を括り、終わりにしてしまいますが、ペトロは後悔して主の道に立ち返ります。この差はいったい何なのでしょうか?実はイエスはペトロの裏切りを皆の前で慈しみをもって予言しているのです。死の恐怖の苦しみに悶えながらも、イエスは弟子たちへの愛のまなざしを忘れませんでした。ペトロは自分の弱さを見抜かれていながらその弱さゆえになお愛し続けてくれている主の気持ちをちゃんと知っていたのです。それゆえイエスはペトロに「天の国の鍵」を渡します(写真)。これによってペトロはバチカンのサンピエトロの名前でもわかる通り、初代教皇と目されることになります。ピエトロと言ってもドレッシングではありませんよ。

≪聖書を読む会≫
  *9月20日(水)10:00〜11:15、幼稚園聖堂
≪ヨセフ会≫
  *次回は10月19日(木)19:00です。
    
      
 +保育室から+    
 年中組になってからも毎月の神様のお話を楽しみにしている子どもたち。先月は「4人の友達」という聖書のお話を聞きました。“本当の友達”とはどのような人のことなのか、真剣に話を聞いている子どもたちのまなざしが印象的でした。
 その日のおやつの時間のことです。ある男児が床に牛乳をこぼしてしまいました。すると、数名の子どもたちがすっと立ち上がりました。どうするのか見ていると、雑巾を取りに行って一緒に拭いてあげる子、「ここにまだこぼれているよ」と教えてくれる子、「大丈夫?」と心配そうに見にくる子…。それぞれのやりかたで友達のことを気にかけている様子に、心がとても温かくなりました。本人も、少し恥ずかしそうな、そして嬉しそうな表情で、友達に「ありがとう」と伝えていました。
 誰かが困っていたら互いに手を差し伸べられる、誰にでも“本当の友達”として心を向けることのできるやさしさと勇気を大切に、これからも大きくなっていってほしいと願っています。(年長さくら組 畑元)

   


  +徒然日記+ 
 先ごろニュースを賑わせた将棋の藤井四段の話で、その副産物としてモンテッソーリ教育の話が持ちきりだったことがありました。あの時はバラエティー番組などでモンテッソーリ教育とは何ぞやとかなりの話題になっていたと思います。その後も就園前の小さいお子さんを持つ親たちから、少なからず問い合わせをいただき、藤井四段効果だなと感心したものです。ただ残念なのは、バラエティー番組などでは、あまりに教具に偏りすぎていたことです。あくまでモンテッソーリ教育の神髄は、その精神にあります。教具は確かに素晴らしいものですが、発想さえ同じなら、家にある他のものでも教具になり得ると思います。その精神とは、もちろん一人ひとりを大切に思うということなのです。すなわち子どもの時間と思いを尊重し、大人の付属物として扱わないこと、自分で出来そうなことは、やり方をきちんと教えてやって自分でやらせてあげることです。それをするのに、本当は教具などいりません。ただうまく開発された教具は、子どもにとってそのイメージを誘発されやすいし、関わっている大人も、その精神に浸りやすいということが言えるかもしれません。そしてその精神は、どの子にも通用し、どの子育てにも共通すると思います。


園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
最新版はこちら
4月度バックナンバー
5月度バックナンバー
6月度バックナンバー
7月度バックナンバー
9月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.